修士課程

人材養成の目的 

 情報技術を支えるエレクトロニクス・フォトニクス技術およびその基礎となる科学技術の分野で、新しい技術を開拓できる専門的基礎力、問題解決能力、新分野への柔軟な適応力、コミュケーション力、国際性を有する人材を育成します。

入学者に求める資質と能力

 本専攻では次のような資質と能力を持つ人材を求めます。
 ・ 理工系の充分な基礎学力を持ち、それを柔軟に応用して新しい学問分野の修得にも活かせること。
 ・ 未知の研究対象に興味を持ち、その課題克服に主体的に学び取り組めること。
 ・ 高い倫理観を持ち自らの専門的知識や経験を社会で活かそうという志を持っていること。
 ・ 社会の中で自ら学び自己の力を発揮できるコミュニケーション力を持っていること。
 ・ 英語の基礎力を充分持っていること。

入学者の選抜方針

 上記の能力を持つ人材を選抜するために、数学および広い分野から選択する専門基礎分野の基礎学力、また、研究を通して自らの能力を高められる適正や意欲を問う目的で、口述試験、あるいは筆答試験と口頭試問の組み合わせを実施し、これに学部等での成績および英語の外部テストスコアを総合した入試選抜を行います。 修得する能力  本専攻では、次のような能力を身につけることができます。
 ・ エレクトロニクス・フォトニクスの材料、デバイス、システム技術およびその基礎となる科学技術の本質を正しく理解できる専門的学力。
 ・ これらの分野の技術的課題を理解しその問題解決を行う能力。
 ・ 自分の専門とは異なる分野の技術も理解し新しい領域の開拓に挑戦できる能力。
 ・ 自分の考えや技術を人に正しく伝え共同して課題に取り組める能力。
 ・ 英語による科学技術情報の正確な理解と技術分野での基礎的なコミュニケーションができる能力。

教育内容

 本専攻では上記の能力を身につけるための次のような特徴を有する教育を実施します。
 A) 幅広い理工系基礎専門力の養成 学部教育の多用なバックグラウンドを持った学生が集まる中で、物性、デバイス技術、光技術などエレクトロニクス・フォトニクス技術のコアとなる専門基礎分野を学び、体系的知識を得ると共に、問題解決の基礎力を養成する。
 B) 他専門分野にも柔軟に対応できる能力の養成 広く他専攻で開講される他専門科目を履修し、専門知識の幅を広げると共に、異なる分野での考え方、方法論などを学ぶことにより、異分野領域への柔軟な対応力の基礎を養成する。
 C) 専門を社会に活かす意識の養成 専門知識や問題解決能力が社会でいかに必要とされどう活かされているかを、実社会で活躍する学外講師による講義の受講や、インターンシップ科目の履修を通して理解し、学習や研究への動機付け、目的意識、倫理観を高める。
 D) プレゼンテーション、コミュニケーション能力の養成 講究科目における修士研究遂行についての研究討論、専攻で開催する複数回の発表会での研究発表を通して、適確な討論、プレゼンテーションを行える能力を育成する。
 E) 英語の基礎力の養成 修士研究の中間レポートを英語で作成するなどを通して、英語の基礎力を養成する。

学位の授与方針  

 上記の教育内容を履修して、本専攻の修士課程を修了するためには、次の要件を満たす必要があります。
 1.30単位以上を大学院授業科目から取得していること
 2.本専攻で指定された授業科目において,つぎの条件を満たすこと
   ・講究科目を8単位、研究関連科目を4単位取得していること
   ・専攻専門科目を4単位以上、他専門科目を2単位以上取得していること
   ・大学院教養・共通科目群の授業科目より2単位以上取得していること
   ・指定された科目必修の要件を満たして履修していること
 3.修士論文研究において、学習目標の設定、評価、改善といった一連の学習課程を履修していること
 4.修士論文審査および最終審査に合格すること

博士課程

人材養成の目的

 情報技術を支えるエレクトロニクス・フォトニクス技術およびその基礎となる科学技術の分野で、異分野との融合にも柔軟に対応できる広い見識を持って新しい時代の社会の要請に応える新領域を開拓し、グローバル社会の中で高い倫理観を持ってリーダーシップを発揮できる研究者・技術者を育成します。

入学者に求める資質と能力

 本専攻では次のような資質と能力を持つ人材を求めます。
 ・ 理工系の基礎専門力を持ち、かつ、より広い学問領域に関心を持ち新しい分野にも柔軟に対応できること。
 ・ 研究対象に強い探求心を持ち、自ら問題解決に取り組めること。
 ・ 高い倫理観を持ち自らの専門的知識や経験を社会で活かそうという志を持っていること。
 ・ 自ら持つ専門的内容を人に適確に伝え、また、人との議論から自分の専門知識を高めて行けるコミュニケーション能力を有すること。
 ・ 英語の基礎力を充分持つと共に、研究を通してグローバルな場でコミュケーションができる基礎力を持ち、かつ、それを高めて行く意識を持っていること。

入学者の選抜方針
 上記の能力をもつ人材を選抜するために、修士研究の内容を中心とした口頭試問を実施します。また、英語の外部試験スコアも合わせた総合的判断をする入試による選抜を実施します。

修得する能力

 本専攻では次のような能力の修得を目指します。
 ・ エレクトロニクス・フォトニクスの材料、デバイス、システム技術およびその基礎となる科学技術の分野での高度な専門的学力。
 ・ これらの分野で科学技術上の課題設定、課題発見ができる能力。
 ・ 自らの専門性を基礎として新しい領域の開拓に挑戦できる能力。
 ・ 共同の研究や開発の場での企画力と指導力。
 ・ 英語によるプレゼンテーションおよび充分なコミュニケーションを行える能力。

教育内容

  学位論文研究を軸に、上記の能力を身につけるために、次のような特徴を有する教育を実施します。
 ・ 講究科目において、高度の専門知識、論理性、研究遂行能力を多角的に養成する。
 ・ 専攻で開催する博士後期課程学生の研究発表会を通して、専門の異なる複数の教員による助言、指導を行うと共に、コミュケーション力、プレゼンテーション能力を養成する。
 ・ 国内外のインターンシップ等の機会を提供し、社会のニーズを捕らえ、自らの研究を社会に活かす方法や考え方を修得させる。

学位の授与方針

 上記の教育内容を履修して、本専攻の博士後期課程を修了するためには、次の要件を満たす必要があります。

  1. 博士後期課程に所属した期間に対応する表5に示す講究科目の単位を取得していること  
  2. 外国語外部試験、あるいは外国語での論文発表状況などで外国語能力が水準に達していること  
  3. 博士論文研究において、所定の構想発表および中間発表を行い、いずれにも合格していること  
  4. 国際会議での発表や専門誌等での論文受理について、所定の研究発表実績をもつこと  
  5. 予備審査、博士論文発表・審査を経て、最終試験に合格すること