物理電子システム創造・物理情報システム専攻専門授業科目分類表
 物理電子システム創造専攻と物理情報システム専攻では、密接な強力のもとに教育を行っている。下記の表には、この2つの専攻に関する専門授業科目が、材料・デバイス系と情報・システム系の2つの系に分類して記載されている。
  履修に当たっては、指導教員と良く相談の上、一つの分野あるいは特定の学期に偏ることなく、学習計画をたてること、目安として、前期、後期のどちらかに偏ることなくバランス良く科目を取得することを強く推奨する。尚、下記の表で、学生が所属する専攻以外の科目(指定科目を除く)については、他専攻の科目として取り扱う。

*申請書類・各種書式等はこちらからダウンロードできます(学内限定)

(EE) 偶数年度英語開催,  (EO) 奇数年度英語開催,(E)偶数年度開講

 
M前期
M後期
D前期
D後期


先端物理情報システム論
(物情・
オムニバス・指定科目)

知的情報資源の活用と特許
(物電)

物理情報システム特別講義第一
(物情)
物理情報システム特別講義第二
(物情)

ディジタル信号処理基礎論
(物情)(EO)

IT社会と情報セキュリティ
(物情)

VLSIシステム基礎論
(物情)(EE)

画像解析論
(知シ)
○★物理電子システム特論
(物電・オムニバス)
脳の統計物理と並列計算
(物情)(EO)

高機能VLSIシステム
(物情)(EO)

知能情報システム
(物情)(EE)
技術マネージメント特論
(電電・
指定科目)

イノベーション工学 マネージメント特論
(電電・
指定科目)

感覚情報学基礎
(物情)(EO)

超音波エレクトロニクス
(物情)(EE)

言語工学
(物情)

音声認識と機械学習
(物情)

視覚情報処理機構
(物情)(EE)

音声言語情報処理
(物情)(EE)

光画像工学
(物情)(EE)

医用画像情報学
(物情)(EO)

波動マイクロシステム
(物情)(EO)

人間情報学特別演習
(物情)

計算論的脳科学(物情)

仮想世界システム
(知シ)
物理電子システム基礎論I
(物電)

物理電子システム基礎論II
(物電)

VLSI工学I
(物電)

※VLSI工学II
(物電)

高周波計測工学特別講義(物電)
先進情報材料特論
(物電)

光と物質基礎論T(物電)

光と物質基礎論Ua(物電)

Fundamentals of Light and Matter Ub
(物電)

先端機能材料光学(物電)(EO)

オプトエレクトロニクス
(物電)

イメージング材料
(物電)



光通信システム
(物電)

○創造物理電子システム講究第一

○創造物理電子システム講究第三

○創造物理電子システム特別実験第一

○創造物理電子システム特別実験第三

○創造物理情報システム講究第二

○創造物理電子システム講究第四

○創造物理電子システム特別実験第二

○創造物理電子システム特別実験第四
○創造物理電子システム講究第五

○創造物理電子システム講究第七

○創造物理電子システム特別講究第九
○創造物理電子システム講究第六

○創造物理電子システム講究第八

○創造物理電子システム特別講究第十
物理電子システム創造専攻インターンシップ第一

物理電子システム創造専攻インターンシップ第三

●物理電子システム創造派遣プロジェクト第一

物理電子システム創造専攻インターンシップ第二

物理電子システム創造専攻インターンシップ第四

●物理電子システム創造派遣プロジェクト第二

物理電子システム創造専攻インターンシップ第一

物理電子システム創造専攻インターンシップ第三

●物理電子システム創造派遣プロジェクト第一
物理電子システム創造専攻インターンシップ第二

物理電子システム創造専攻インターンシップ第四

●物理電子システム創造派遣プロジェクト第二

記号の説明
○必修科目 ◎これらのうち2科目を履修する科目 ★非常勤講師科目 ※国際大学院プログラム科目も兼ねる
● 全学博士一貫教育コース必修科目
(物情)物理情報システム専攻科目 (物電)物理電子システム創造専攻科目
(知シ)知能システム科学専攻科目 (電電)電気電子工学専攻科目

利用上の注意
記載データの誤りなどにより生じたいかなる不利益・損害に対しても一切責任は負いません。特に、単位数などについては各自で学習案内などによりご確認下さい。また、内容が更新されていない場合もありますので、利用にあたっては十分ご注意下さい。

下記のコースについてはリンク先をご参照ください
 博士複合創造領域コース
  医歯工学特別コース
  生命情報学(情報)特別教育研究コース